幼児教育

ケンケンキッキ主催「第25回ぬりえグランプリ」に応募しました!

世界屈指の建設機械メーカー【コマツ(株式会社小松製作所)】が運営・管理しているサイト『ケンケンキッキ』で毎年開催されているぬりえグランプリに初めて応募しました。

エベイユようちえんでは、知育の一環で塗り絵を取り入れているので、ぬりえグランプリに応募できると聞いた子ども達はやる気満々!

まずは、超大型油圧ショベルのぬりえ。

小学生は、難易度の高い中型ホイールローダーにも挑戦しました!

今回はチームエベイユようちえんでの応募なので、先生達も本気で参加です。

自由な発想で色を塗りながら、細かい部分も丁寧に仕上げ、イメージを膨らませて、まわりに絵を描いて完成させました。

《塗り絵による効果》

◉運筆力を高める

◉色彩感覚が養われる

◉集中力を高める

◉達成感を味わえる

エベイユの子ども達は、園外での外遊びや野外活動でよく見かける【はたらく車】に興味津々。園内にあるコマツの乗用マイクロショベルはいつでも大人気!

広く、あまねく、多くの人に技術を理解してもらうには、幼児にもわかるスタイルであるべきという考えのもと、建設機械を身近に感じてもらいたいという願いから公開されているサイト『ケンケンキッキ』

さすがリーディングカンパニーのコマツです。

常に新しいことに本気で取り組み、他社にないものを面白がる姿勢に、学ばせられました。

エベイユの子ども達には、未来を生き抜く力をつけ、自分で考え、行動することのできる人間になってほしいと強く願います。