幼児教育

人気メニュー! 揚げ鶏と根菜の甘ダレ炒め 【春の2週間の給食 3月8日 金曜日】

前日の雨に続いて、朝から雪がちらついていました。こんな日は、遊具で遊ぶのではなく、自然を散策するのがエベイユの外遊び。

鳥屋野潟公園 鐘木地区から雪遊びをしたトリムの森まで、寄り道しながら歩きました。山登り遠足に向けて歩く練習スタートです!

始め咲き始めた梅の花、クロッカスのつぼみなど、春の訪れをいくつも見つけてくることができました。

《 今日のメニュー 》

ご飯

揚げ鶏と根菜の甘ダレ炒め

女池菜と白菜の煮浸し

豆腐となめこの味噌汁

揚げ鶏の甘ダレ炒めは、子ども達に人気の唐揚げをおばあちゃん特製の甘だれで絡めて炒めます。

時に甘酢ダレになったり、今日のようにビタミンC、カリウム、食物繊維を多く含んだ根菜(ごぼう・にんじん・れんこん)の素揚げを加えたりと毎回アレンジが加えられます。

日本の伝統的なスーパーフードである味噌汁には、いつも野菜がたっぷり入っていて、田舎のおばあちゃんの味がします。

いずれも給食のおばあちゃんが「子ども達に野菜をたくさん食べてほしい」「バランス良く栄養を摂って大きくなってほしい」と願いを心を込めて作っています。

座って食事ができない、しつけができない子どもの親が “将来、成功するための食事” にのめり込むのは、本末転倒です。

近頃は、個性という言葉でごまかされていることが多いような気がします。

子どもの将来のために “食事の基本、生活のマナー、生きる力の基礎” を身に付けさせることの方が大切です。