幼児教育

参考記事『テレビがつくる言葉遅れ〜言葉がしゃべれない、友達と遊べない、すぐキレる、多動』

日本小児科学会の発表では“長時間テレビを視聴することで言語や社会性の発達に悪影響を及ぼすおそれがある”とされています。

乳幼児期が言語発達に重要な時期であり、テレビ視聴の影響について、親も社会も認識して対処していく必要があることから6つの具体的提言もなされています。

エベイユようちえんでは、日々実体験を通して五感を育てることを実践していて、子ども達が日常的にテレビやメディアに接する時間を減らしていきたいと願っています。だからこそ、少人数制で一人ひとりとじっくり向き合うことを大切にしています。

大人もメディア漬けになっている現代、メディアから得た情報をそのまま受け取るのではなく、自分で考えて見極めるスキル『メディアリテラシー』が必要です。

小児科医である片岡直樹先生による特別講演の記事をご紹介します。

抜粋

以前ならば、親の言うことを理解できる子どもは、2歳から3歳になれば、言葉をいっぱい喋り出しました。しかし、現代はテレビやビデオを止めないかぎり、相当遅れます。

抜粋

言葉が遅れて出てくると、何がまずいかといえば、言葉を相手に伝え、相手が返してきた言葉を聞いて、判断して、考慮したり、我慢したりして、また返事につなげていくというような高等な考える力が育たないからです。これは、赤ちゃんのときからお母さんや家族との豊かな交流によって、出来上がるものです。

言葉が遅れて出てきた子でも、大人とは会話ができます。それは大人が子どものことを配慮しながら、応答してあげるからです。ところが同世代の子どもは無理。

抜粋

テレビ・ビデオにはまって実体験が全く欠如するとどうなるのかということです。聴き慣れない音に敏感になり、極端な偏食、人見知り、場所見知り、夜泣き、特定のおもちゃに固執するのです。五感が育たないままでいると、全ての感覚刺激に対して敏感に反応してしまうのです。

引用元: 日本健康行動科学会 第3回学術大会 公開特別講演 『テレビがつくる言葉の遅れ 言葉がしゃべれない、友達と遊べない、すぐキレる、多動』 片岡直樹医師

毎日がテレビやゲームばかりになっていませんか?

知育ビデオや英語ビデオならいいと思っていませんか?

大人になれば『環境』は、自ら作れます。

『環境』によって自分が作られるのではなく、自ら進んでその『環境』を作り出すこともできます。

子どもは自分で『環境』を作ることができません。

だからこそ大人が『環境』を作る。

エベイユようちえんにはその『環境』があります。